◆SECURITY ACTION
 

 

 

 

 

■セキュリティアクション
 「SECURITY ACTION」とは、「独立行政法人情報処理推進機構(IPA)」が、安全・安心なIT社会を実現する為に中小企業自らが情報セキュリティ対策に取り組むことを自己宣言する制度です。
 株式会社東放ヴィックスは「SECURITY ACTION」の趣旨に賛同し、2018年10月3日付けで「SECURITY ACTION」の「★★二つ星」を宣言します。
 今後もお客様の重要な情報の適切な管理を行ってまいります。


■情報セキュリティポリシー(基本方針)
 株式会社東放ヴィックス(以下、当社)は、ソフトウエア開発及び各種技術者派遣サービスなどの業務を通じて、お客様をはじめとする取引先の皆様からお預かりした情報資産と、当社が保有する情報資産を守ることが極めて重要であると認識します。よって、情報セキュリティ基本方針をここに定め、維持・向上させることを宣言します。

1.情報資産の適切な管理、運用
当社は、個人情報を含む情報資産の機密性、完全性及び可用性を確実に保護するため、適切な人的、組織的、技術的施策を講じ、安全かつ適正な管理、運用を行います。

2.法令遵守
当社は、情報セキュリティに関する法令、規則など並びに顧客との契約を遵守します。

3.個人情報の取り扱いについて
個人情報については、当社の社内規程に準じて、適切な管理、運用を実施します。

4.情報セキュリティ施策
当社は、「情報セキュリティ規程」などの諸規程による情報媒体の管理、ウイルス対策、メール管理などを定めています。

5.情報セキュリティ運営
当社は、情報セキュリティの運営のため、情報セキュリティ管理責任者及び情報セキュリティ委員を置き、適切な管理・運用を実施します。

6.安全管理の実施
当社は、役員及び全ての従業員が、情報資産の重要性を十分に認識するように、必要な教育を定期的に実施します。また、顧客からの依頼事項に関しても、迅速に周知徹底と教育を実施します。

7.継続的改善
当社は、「情報セキュリティ基本方針」及び関連する諸規則、管理体制の評価と見直しを定期的に行い、情報セキュリティの継続的な改善を図ります。

平成30年10月3日
株式会社 東放ヴィックス
代表取締役 中村 渉